【千葉県市川市】北欧モダンの健康住宅に天然繊維のリネンカーテン

お客様

千葉県市川市 Y様

使用生地と仕様

<LDK>
スズカゼ01 しろ フラットスタイル

<玄関間仕切り>
フォグ03 淡水 フラットスタイル

<寝室・サンルーム>
フォグ03 淡水 フラットスタイル

<子供室>
ユラギ06 桜 フラットスタイル

Detail

自然素材を中心とし、健康に配慮した人にやさしい北欧テイストの家。白やグレーなど明るくやさしい色を取り入れています。北欧の国では日照時間が短く、白などの明るい色を取り入れることで、過ごしやすい室内にするのだそう。暮らしの工夫を活かしています。そんな北欧の住宅の知恵に加えて、自然素材を中心とした健康住宅をデザインされたのは市川市にある中野工務店様です。素材選びや配色の仕方も素晴らしく、思わずため息が出るほどの空間でした。

オークの無垢床と漆喰の壁で仕上げたリビングの空間には天井から降りるハイサッシ。そこに白く爽やかな光を採り入れながら適度な遮蔽効果を持つ麻のシィアー【スズカゼ01 しろ】を一枚吊りしました。軽く落ち着いた印象を窓辺に与え明るく快適な空間づくりに貢献します。シューズクローゼットの入口には【フォグ03 淡水】のリネン生地で間仕切り。寝室の掃出し連窓は一つの窓と見立て左右片開き仕様に、こちらも同じ生地です。北欧テイストにややくすんだカラートーンが似合います。

子供室には石膏ボードなのですが、ホルムアルデヒドなどの有害物質を吸収分解し、空気環境をきれいに保ってくれる素材「ハイクリンボード」を使用していました。内装下地材で使われるものですが、このピンク色を活かしてそのまま現しで張っています。
後からクロスを張ったりすることもできるので、子供が小さいうちは壁の汚れを気にせず、思いっきり子供部屋で過ごしてもらいたいという考えだそうです。なるほど…そんな方法もあるんですね!カーテンにはレースのみで、壁のピンク色に合わせて【ユラギ06 桜】をチョイス。こちらもカーテンレールは2本にしてあるので、将来的に厚手のカーテンが必要になったら簡単に取付けできますね!上質な住まいの窓装飾をさせてもらえて感無量です。ありがとうございました。

Date

2018年9月14日