【東京都武蔵野市】リノベーションのモデルルームにリネンのパッチワーク

お客様

東京都武蔵野市 五割一分様

使用生地と仕様

<LDK>
ユラギ01 淡白/ユラギ02 生成/フォグ01 しろ/フォグ02 生成 パッチワークスタイル6pc

<居室>
ユラギ01 淡白/ユラギ02 生成/フォグ01 しろ/フォグ02 生成 パッチワークスタイル4pc
アメツチ03 藍鼠/別注インディゴ染め スクエアクッション

<寝室>
フォグ01 しろ/ユラギ02 生成 パッチワークスタイル2pc
フォグ01 しろ フラットシーツ&ピロケース
フォグ02 生成 フラットシーツ&ピロケース

<洗面室>
アヤ02 裏葉/アヤ03 灰桜 パッチワークスタイル4pc

Detail

マンション一棟リノベーションのモデルルームは様々な造作や趣向が採り入れられた感性豊かな一室。arflex社のソファMARENCO を始めとした上質なものだけが集まる洗練されたインテリア空間です。窓にはサッシとガラスの割り付けに合わせたパッチワークカーテンを各居室に設置しました。

透明ガラスの面には透け感を抑えた【フォグ】を、型入りガラスの面には透け感のある【ユラギ】をそれぞれ縫い合わせました。素材感ある無地の麻に発想とデザインを加え、視線を遮りながら最適な採光を実現しています。洗面室には艶やかな光沢のツイルリネン【アヤ】を縦4分割のパッチワークにいたしました。

カーテンだけでなく、各種ファブリックにも採用いただきました。寝室にはベッドリネン、窓辺にも使用したフォグの生地で床置きしたマットレスを2色のフラットシーツでスタイリングしています。居室のディスプレイに用いたのは厚手リネン【アメツチ】の大判スクエアクッション。インディゴ染めを施した別注生地も用意いたしました。素敵なコーディネートをしていただいたのは設計事務所の五割一分様です。

Date

2018年8月1日